2018年12月10日月曜日

3か月先にどうなるのだろう


G20が終わってなされた報道は、韓国が存在感を失ったということと、フランスのマクロン大統領が民間企業のことに口を出そうとして上手くいかなかったことと、米国が中国への追加関税を90日間の猶予をもって延期したということ以外には、大きく知らされていないように感じる。

報道がなされなかったとは言え、外務省のページには全文発表されているだろうから、メディアが如何に敢えて伏せたとしても、詳細は追々判ってくるのだと思う。現代社会において、隠しおおせられるわけがない。

とりあえずの危機は逃れたとはいうものの、中国が90日で対応できるとは思えない。
米国の要求を受け入れるということになれば、共産主義体制の崩壊を招きかねない。
しかし、不公正な貿易でドルを稼ぎ、そのドルを使ってやりたい放題だったことは、浮き彫りになりつつある。

AIIBだか一帯一路だか知らないが、他国のインフラ整備に金を貸し、返済不能になると領土を差し押さえる戦略は最早見破られ、警戒感を強められるに至っている。
そもそもインフラ整備に資金を貸し付ける場合は、その国に技術を提供し、その国の資材と労働力を使うようにするのが国際慣行である。
中国のように、資材は国内の余剰製品を持ち込み、労働者も大量に自国から派遣し、その労働者もその地に定住させるなどというのでは、受け入れられる筈がなくなる。

中国の鼻息が荒かったのは、ドルを貯め込むことができたからであって、それが難しい状況に移れば、様相は一変する。
GDPが世界第2位になったといっても、「元」が基軸通貨として世界に通用するまでには至っていない。世界はドルが欲しいのである。
米中が同じ土俵で争えば、とてものこと勝負になるとは思えない。
中国の通貨である元は暴落するだろうし、中国に進出している諸外国の企業も撤収する方向に走るに違いない。
先端技術のパクリ疑惑は広く囁かれているし、各国も自国の防衛を考えなくてはならない。

引き上げの口実となるのは、チベットやウイグルの人権問題を挙げるに違いないが、中国がそれに対応できるとはとても思えない。事実、人権弾圧は酷いことが露呈してきている。
世界中で失敗した非効率な共産主義体制に戻るしかないという事になるが、ここまで発展した中国国民が納得するはずもなく、そんなことは不可能であろう。

外的には古臭い覇権主義を追求しすぎたツケと言うほかない。
内的には、共産主義を標榜していながら、中国国内の貧富の差は異常であろう。それらを国民にどう説明できるというのか。
影響は経済的にも安全保障上も、日本にも及ぶことであるから安閑としてはいられない。
一国のみのことを考えて乱暴なことをすると、世界の安寧が乱れるという典型的なパターンだと思える。

2018年12月9日日曜日

最初を間違えたからでは?


日韓関係がどうやっても取り返せないほど拗れてしまった原因となったのは、初代大統領李承晩の徹底した捏造反日教育によるものだと思えてならない。
長きにわたって騙され続けている国民も国民だと思うが、それがあの民族の限度なのであろう。

北朝鮮の金日成とまったく同様、権力亡者・李承晩は、ライバル、及び近未来に自分のライバルになりそうな人物を、情け容赦なく、しかも躊躇うことなくどんどん粛清した。

一時期テレビを賑わした韓流ドラマに、「伝説の心医ホジュン」というのがあった。
朝鮮王朝第14代から15代ころまでの話であるが、主人公に感情移入してしまって見失っているだろうけれど、根底に流れているのはおぞましいばかりの事大主義。
大に事える(仕える)のは、中国の属国としての歴史の中で血肉にしみ込んでしまった考え方なのであろうから変わりようがなさそうである。
儒教の悪い所ばかりを取り入れ、形式的でものの役に立たない小理屈ばかりを主張しあって権力闘争ばかりしている王朝であった。
本家の中国であれど、徳が失われた王朝は易姓革命によって倒れたが、朝鮮は一朝ことあれば王が国民を捨てて真っ先に逃げ出して平気な国であった。どんな難事の中にあってでさえ、権力闘争に明け暮れ、王といえど有力な家臣の言うがままにしか動けない情けなさであった。

第二次世界大戦が終わり、棚ボタ式に韓国は独立したが、初代大統領がいかなる経緯で選ばれたのかが判然としない。
李承晩は没落両班の家に生まれた。族譜では、太宗の長男で世宗の兄である譲寧大君16代末裔である。承晩自身は李氏朝鮮の王族の分家出身であることを誇りにしていた。
何とも情けない権力闘争に明け暮れた王族の血を引いているのであれば、その気質を色濃く引きずるのかも知れないが、米軍軍政時代と李承晩政権時代には、韓国社会のみならず、国際社会を驚かした暗殺事件が、ほとんど絶え間なく、次から次へと起きた。

1945年12月、先ず、民主党委員長の宋鎮禹が暗殺された。
翌1946年11月、民主党政治部長の張徳秀が暗殺された。
李承晩が始めた愛国教育(反日洗脳教育)が韓国国民から道義心と良識を奪った。

悪の権化ともいえる李承晩政権の12年間、韓国の国民一人当たりGDPは100ドル以下の最貧国惨状であった。
1950年6月25日の朝鮮戦争勃発を受けて、残忍・冷酷な李承晩は、韓国軍と韓国警察に、
共産主義からの転向者やその家族を再教育するための統制組織「国民保導連盟」に登録されている者たちと収監中の政治犯たち合わせて100万人以上を大量虐殺した
これが保導連盟事件と呼ばれているものである。
大戦争をしたって、そんなに多数の死者は出ない。

1948年4月、済州島で起こった島民の反政府蜂起を鎮圧するため、残忍・冷酷な李承晩は、韓国軍、韓国警察、右翼青年団に命じて済州島島民の5人に1人にあたる6万人を虐殺した。
済州島の村々の70%が焼き払われたという。

英国のBBCは、この済州島事件のむごたらしい虐殺現場映像を放送して残忍・冷酷な李承晩を強く非難した。
1948年10月、済州島で起きた島民の反政府蜂起鎮圧のため出動命令が下った全羅南道麗水郡駐屯の国防警備隊第14連隊の隊内で南朝鮮労働党員が反乱を煽動した。この煽動に全隊員が応じて、第14連隊全体の部隊ぐるみの反乱となった。これが麗水事件である。

李承晩は直ちに鎮圧部隊を投入した。1週間後に反乱は鎮圧された。
第14連隊の敗残兵はその後北部の山中へ逃げ込み、長く執拗にゲリラ抵抗を行った。

李承晩は、麗水事件処理と称して、反李承晩勢力の徹底的殲滅をおこなった。この徹底的殲滅は過酷を極めた。
反乱部隊兵士たちに加えて、「関係あり」との「でっちあげ」常習犯李承晩の悪辣な人殺し常套手段で、非武装の民間人8,000人以上が殺害された。
身の危険を感じた、実に多くの者が、日本へ密航・国外逃亡した。
この人たちの裔が在日韓国人の多くを占めているというが、不法入国であったことに違いはない。

彼がした悪行は枚挙にいとまがないほどであるが、それらを隠すためと、何よりも日本の統治時代の方が良かったと言われることを恐れ、徹底的な反日教育をした。
恨みの感情を突かれると非常に弱い民族性は、それに見事にはまってしまった。
捏造を捏造だと気づけない国民として育ってしまい、恨みだけでこの先を生きていくしかないとしたら、なんとも哀れである。

独立した法治国家だと言い張るが、どう見ても法治国家だとは思えない。
三権分立だというのであれば、行政府や立法府が司法に対してのチェック機能がなくては適わぬ。
司法が優先して(法解釈に問題がありすぎると思うが)行政府が何でもできないのであれば、大統領制の根幹は一体どこにあるというのだろうか?支離滅裂ではないか。

2トラック外交などとチャンチャラおかしいことを言っている場合ではあるまい。
昔なら戦争である。国交断絶を望んでいるとでもいうのなら、日本側はそれで構わないとする機運ができつつある。

2018年12月8日土曜日

米韓同盟がなくなる?

韓国に駐在するハリス(Harry Harris Jr.)米国大使が「米韓同盟がいつまでもあると思うな」と韓国に警告したのだという。

文在寅(ムン・ジェイン)政権が制裁緩和を唱えるばかりで、北朝鮮の非核化に不熱心であり、はっきり言えば非核化を妨害しているかのような言動を繰り返しているように見える。
このため米メディアが「文在寅は金正恩の首席報道官」と揶揄するなど「韓国は北朝鮮の別働隊」との見方が広がったの。(「『北朝鮮の使い走り』と米国で見切られた文在寅」関連記事、参照)。

 1010日、トランプ(Donald Trump)大統領はホワイトハウスで「韓国は米国の承認なしに何もできない」と3度も繰り返し語りました。
韓国が対北援助の再開に動くことに関し、記者から聞かれての答えです。(「『言うことを聞け』と文在寅を叱ったトランプ」関連記事、参照)。

文在寅政権はそれにもめげず、10月中旬の欧州歴訪では、仏、英、独の首脳と会談し対北制裁をやめさせようと画策したが、どこの国からも相手にされなくて、面子まるつぶれになった。
その北朝鮮からでさえ、余りの頼りなさに愛想をつかされ、梯子を外されそうな有様なのに、それにさえ気づいていない。

文在寅大統領の思惑の中には、北朝鮮が核を保有したままで、南北朝鮮が統一されることを狙っているのではないかとの下心があるように思えてならない。
それができれば、憎っくき日本を組み敷けるとでも浅はかにも考えているのかも知れない。
できるものならやってみるがよい。
そんなことをしたら、日本が核武装することに反対することが諸外国はできなくなる。
日本が護衛艦いずもを空母化することにだって、賛成を表明する国が世界で増えているという現実をよく理解した方が良い。

米・中・ロとも、日本が今は核装備をしないだけのことで、日本がその気になれば核ミサイルを1000発、即座に保有できる潜在能力を秘めているとの共通認識を持っているから、そんなことになる道は、韓国が如何に臨んだとしても世界は決して認めない。

国内政治も行き詰り、経済も行き詰り、条約も反故にし、外交的判断もできなくなって、やることなすことしっちゃかめっちゃかになってしまっているようにしか思えない。


2018年12月7日金曜日

国歌が演奏されると嬉しい


国際大会で見事優勝を果たし、表彰台で演奏されるメロディーに合わせ国歌を歌っている選手を見ると、なお一層応援したくなる。共感を覚え、努力の甲斐を心底褒めたたえたくなる。

国歌「君が代」の英訳というのがネット上にありました。
I hope your world goes on for thousands of years.
Until pebbles merge into one giant rock and covered with moss.
ウィキペディアには、次のような訳が載っていました。
A thousand years of happy life be thine!
Live on, my Lord, till what are pebbles now,
By age united, to great rocks shall grow,
Whose venerable sides the moss doth line.

1869年(明治2年)、大山巌が、天皇が臨席する儀式用の歌として『君が代』を選んだ。当初、イギリス人の軍楽隊教師が曲をつけたが定着しなかった。

その後、1880年(明治13年)、宮中の雅楽の楽人がメロディーをつけ、ドイツ人が編曲し、天長節に初めて演奏され、1893年(明治26年)812日、文部省が『君が代』等を収めた「祝日大祭日歌詞竝樂譜」を官報に告示。小学校の儀式用唱歌とされた。

1903
年(明治36年)、ドイツで行われた「世界国歌コンクール」で『君が代』は一等を受賞した。
国歌として最も古いのは、16世紀後半のオランダ国歌「ウィルヘルム」だが、国歌の「歌詞」としては、『君が代』はオランダ国歌よりも、さらに600年も古く、世界最古である。
和漢朗詠集異本の短歌歌詞としたというから、それは頷ける。
古代の日本人は、サザレイシ(小さな砂粒のような石)が育って石となり、それが岩になるのだと思っていた。
1999平成11年)に「国旗及び国歌に関する法律」で正式に日本の国歌として法制化されており、世界で最も短い国歌の一つである。
メロディーもマーチではなく厳かに響く。

歌詞の意味を知ると、諸外国人も美しいと言って称賛するのだという。



2018年12月6日木曜日

3.1運動だって?


韓国人は、日本との独立戦争を戦って独立をしたように教え込まれているようだが、そんな事実はない。
独立は、棚ボタであったのだが、隠蔽教育は徹底されているらしく、本気で日本と戦ったと信じている若年層が多いようである。

確かに、彼らが言う三・一独立運動というのはあった。
191931日、日本の植民地になっていた朝鮮で知識層や学生がソウル(京城)で日本からの独立を宣言をした。 
宣言をしただけなので、実際に政権を奪ったり、自治を始めたわけではないが、公然と自治独立を求めたこの行為をきっかけに各地で反日、反植民地支配の独立運動が広がっている。
直接のきっかけは大韓帝国初代皇帝高宗の葬儀である。
高宗の死は自然死であったと考えられているが、例によって韓国国内にはいろいろな噂が出回った。
いわく、「自分の息子が日本の皇族(梨本宮家方子)と結婚するのが悔しくて毒を飲んだのだ」
「韓国を日本に併合してくれと自分が頼んだのだ、という文書をパリ講和会議に提出しろと言われて、断ったために殺されたのだ」など、事実無根ではあるが、そんな噂が出るほど韓国皇帝の立場に民衆が同情していたとも言える。

33日に国葬が行われることになっていた為、この日に向けて計画が立てられた。
三・一独立運動で独立宣言書の読み上げに参加したのは、たったの33人で、中心となったのは天道教やキリスト教、仏教の指導者であった。

独立宣言書は天道教の印刷所で印刷され、各自の宗教ネットワークを通じて各都市に配布された。
独立運動によるデモは600か所以上で起き、参加する人も学生や知識人から始まって、農民や官僚、貴族までほぼすべての階層を巻き込む大規模なうねりとなっていた。

最初は平和的な手段、デモ行進やストを行っていた独立運動も、次第に憲兵や警官のいる駐在所を襲ったり、投石や放火も行われるなど、治安部隊との衝突も激しくなっていった。

日本政府は朝鮮総督府を通じてデモの鎮圧を急ぎ、警察の他軍隊を投入して首謀者の逮捕、武力による鎮圧を進めた。当時としては当然な対応である。
事件の最初、マスコミは事件に批判的で「朝鮮各地の暴動」、「三・一暴動」などと伝えられた。

しかし、だんだんと日本の統治方法が良くないのではないか、という論調も出てくるようになり、武力でいうことを聞かせるのではなく、朝鮮人の待遇を改善したり、軍関係者以外でも総督になれるようにするべきという意見ものるようになった。

大正デモクラシーの主導者であった吉野作造は独立を支持し、のちに総理大臣となる石橋湛山も独立運動に理解を示しています。そこが西欧植民地国とは違う。
2か月ほどでこの独立運動は終息し、四月中には新たな騒ぎは起こらなくなった。

その後朝鮮では第二次世界大戦の終戦までの二十数年間、大きな独立運動は起きていない
事件後、日本が統治政策を転換したためとも、首謀者が国外に行ってしまったためともいわれている。
朝鮮総督府は三・一以降、以前の締め付けの厳しい統治体制を改め、言論や集会の自由をみとめるようになった。
陸軍の軍人が警察を務める憲兵警察制度もなくなりました。日本はこの独立運動を受けて、朝鮮支配をよりソフトな形に変えていったのである。

どちらかと言えば、第二次世界大戦が終了し、李承晩が政権を打ち立ててからの方が日本が統治していた時代より酷かった。
彼は世界でも指折りの、自国民を多数殺した指導者の一人に数えられる。
彼の犯した悪行を、日本人のせいにして教えていることも多そうである。
歴史を歪曲どころか捏造しなくてはならない事情があったにしても、ミジメとしか言いようがない。

2018年12月4日火曜日

先延ばししていても


米中貿易戦争(実際は、貿易収支の不均衡が主問題ではなさそう)と一口に言われているものに目を奪われているが、取り敢えず90日間の猶予付きで関税の追加増額は延期された。
とは言っても、中国が90日間でそれに対応することは無理そうである。
米国の主張は直截的すぎるようだし、中国は、口先では自由貿易だといいながら、国際的ルールを無視して自分勝手にやりすぎたのだと思えてならない。体制は変えられないだろうから難しかろう。

それとは別に、ヨーロッパも大変なことになっている。
フランスのガソリン税の増税に端を発したデモだとの報道がされているが、どう見たってデモではなく暴動である。
車両の焼き討ち、商店の破壊などは、デモの程度を越えている。
フランスは自由主義国家だと思っていたが、どうも社会主義的国家の色合いが濃い。
例えば、ルノーの株式を15パーセントも保有していると聞けば、それは国有企業ではないか。
国有企業であるから、民間の企業同士のアライアンスに口をはさみ、政治問題として扱おうとして、マクロン大統領は安倍総理に注文をつけたのではないのか。
かなり筋違いだとの感が否めない。
こんなことになるなら、日産とルノーの出資比率を改めないと、この先大きく国益を損なう。

社会主義の国に多いのは、口ではうまいことを言っても、その実は人権を軽んずる政策をとること。
経済が順調なうちはいいのだが、それに行き詰るとすぐに暴動に結びつく。
日本近隣の国にもその恐れは十分にありそうだから、用心しなくてはならない。
法が法として通用しない国からは撤退した方がよさそうである。

2018年12月3日月曜日

それまでは酷い有様だったのではないのか?


彼らが「日帝」と呼ぶ日本国が、朝鮮で35年間にしたことというのは、ちょっと調べればすぐに出てくる。
全てが良かったとまでは言わないが、未開人からから文明人へ と変わる端緒となったことは否めまい。
戦後の日本人の「良心と親切」が、朝鮮人の“妄想的プライド”を増長させ、反日活動へ駆り立てているのは、韓国内の捏造教育と、日本側のこれまでの対応による。
なにせ我々が育ったころの学校教育では、日本が朝鮮を植民地支配したと教え込まれていたからやむを得ない。彼らから搾取できるようなものは全くなく、植民地などと言える実態とは程遠いものであった。
そろそろ、実のところはどうだったかを知らしめた方が良い。

朝鮮人の人口が李氏朝鮮時代と比べて二倍に増えた
平均寿命が24歳から30歳以上伸びた
人口の30%を占めていた奴隷(男=奴、女=婢と呼ばれていた)が開放された (今、韓国人に聞いてみると、先祖は両班(やんばん=貴族)だったという人が殆どであるが、両班は数パーセントしかいなくて、それでなくても貧しい国民を食い物にしていた)
幼児売春、幼児売買が禁止された
家父長制が制限されて家畜扱いだった朝鮮女性に名前が付けられるようになった
度量衡が統一された
8つあった言語が統一され標準朝鮮語が作られた(日帝支配まで朝鮮には統一された言葉もなかった)
朝鮮語教育のための教科書・教材が日本から大量に作成されて持ち込まれた
5,200校以上の小学校を作った
師範学校や高等学校が1000以上作られた
239万人を就学させ識字率を4%から61%に向上させた(それまで文盲率96%であった)
大学、病院を作った (李氏朝鮮時代には病院が無かった)
カルト呪術医療を禁止した
上下水道を整備し、泥水をすすり、下水垂れ流す生活が改善された (李氏朝鮮では上水道も下    水道も無かった)
日本人は徴兵されて戦地で戦ったのに、兵役を免除され内地の勤労動員で許された
(これが強制連行の実態、戦地で戦うかわりに労働で済ませた)
志願兵の朝鮮人が戦死した場合は、日本人と等しく扱い英霊として祭った
鉄道を3,800Kmも整備した(李氏朝鮮では鉄道はなかったし、道路整備されていなかった)
港をつくり、ダムをつくり、電気を引いた。(李氏朝鮮に電気はなかった)
会社が作られるようになり、物々交換から貨幣経済に進化した(それまでは物々交換経済が主)
二階建て以上の家屋が作られるようになった(首都ソウルでも弥生人の家と変わらなかった)
入浴するように指導された(李氏朝鮮時代朝鮮人は風呂にはいる習慣がなかった)
ハゲ山に6億本以上の植林をした (乱獲、乱伐採、)
溜池をたくさんつくり、今ある溜池の半分以上は当時日本が作ったもの
河川と橋が整備された (李氏朝鮮には堤防も橋もなかった)
耕作地を二倍に増やした
近代的農業を教育し、一反あたりの収穫量が3倍に増やした(技術教育)
糞を食ったり、乳だしチョゴリと呼ばれる子を産んだ女性が乳をだして生活するのが恥ずかしくなった(土人が目覚めた)

日本本土の北海道の開発を後回しにしてまで、巨額の資金を投入してインフラの整備を急いだのは、そこを日本だとして共に繁栄しようとしたからである。
脱亜論を説いた賢人の慧眼は、今にして思えば正しかった。何十年経とうが、約束を守るという民度には到達できなかった。

論理的思考はなかなかできず、感情論にすり替えて騒ぐことに終始しがちだから、交渉事はすべて成り立たない。
徴用工裁判でそれが如実に表れたが、国際条約すらりかいできないのでは、この先、世界中から総スカンを食らって立ち行かなくなることが目に見えている。